コラム

colum

心情文化あふれる家庭を目指しましょう

家庭力アップ講座
多田聡夫(家庭問題研究家)

私たちが子どもに対する時、行動だけを変えようとしていませんか?子どもの行動を変えようとする前に、まず子どもの気持ちを理解して上げることが大切です。親が子どもの気持ちに寄り添い、共感できた時に始めて子どもは安心して心を開き、親の願いに答えたいと思うのです。子供の行動に変化が生じるのはそれからなのです。

一時停止ボタンを押しましょう!

家庭力アップ講座
多田聡夫(家庭問題研究家)

親は子供のことを真剣に考えるあまり感情的になりやすいものです。その時の勢いに流されて心にもないことを言ってしまい、「あんなこと言うんじゃなかった。あの時ちょっと止まって考えていれば、あんなことにならなかったのに…」と、後で後悔してしまいます。子供の気持ちを共感しようと一生懸命に努力してきたことが、いっぺんに吹き飛んでしまうのです。

愛の表現をしよう

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

愛情深く育てているつもりでも、「私は親から愛されなかった!」と感じている子供が少なくないようです。親子間の愛情伝達においてこのような違いが生まれるのは、親の愛が子供にきちんと届いていないことが原因なのです。

肯定的な言葉が人生をつくる

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

言葉が人生に与える影響については良く知られるところです。言葉が変われば「意識」が変わり、意識が変われば「心」を変わり、心が変われば「人生」が変わって行きます。言葉の使い方を工夫することで、なりたい自分、理想の人生が近づいて来るのかも知れません。

信頼をむすぶ褒めことば

コラム
阿部美樹

人の短所は見ようとしなくても見えてしまうもの。一方で長所は、関心を持って観察し続けなければ見えて来ないものです。長所を“褒める”というのは思った以上に難しいもので、褒めたい相手に関心を持ち続ける必要があるのです。

「伝わる」コミュニケーション

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

言いたいことが「伝わる」ために重要なのは、「伝えたいポイントを明確にすること」です。話に時間をかければ、相手に多く伝わるものでもありません。皆さんは、いろいろと話し過ぎて何がポイントなのか分からなくなったり、心に残らない話をしてはいないでしょうか?

5感を使ったコミュニケーション表現

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

私たちの言いたいことが伝わる背景には、様々なことが影響してしていると考えられます。話す場所、身振りや手振り、さらには言葉の意味やタイミングなど。より分かりやすく、より印象的に伝わる工夫をすることで、円滑なコミュニケーションが成立するようになるのです。

理想家庭をつくる「神のみ旨」

家庭力アップ講座
多田聡夫(家庭問題研究家)

「神のみ旨」とは、「理想家庭をつくること」であり、神の下の人類一家族の世界を作ることです。自分の家庭を理想家庭としてつくり上げるところから、天国の建設が始まります。

4つの目的に向かって努力しよう!

家庭力アップ講座
多田聡夫(家庭問題研究家)

みなさんは家庭生活の中で、相手を変えようといろいろと努力をしてこられたのではないでしょうか。相手の行動を変えさせるのではなく、なぜそのような行動を取るのかという、相手の気持ちを理解できる自分自身になってみませんか?

子どもの自立期

家庭力アップ講座
多田聡夫(家庭問題研究家)

親は生涯、子どもの人生の「応援団長」でありたいと願います。一緒に喜んであげたいし、一緒に悲しみを分かちあってあげたいと願うものです。しかし、大きくなるに従って、だんだんと子どもの心が理解できなくなってしまうのはなぜでしょうか?