祝福結婚への招待

Blessed marriage invitation

祝福結婚とは?

家庭連合で行っている祝福結婚は、全世界から集まった男女が、宗教・宗派、思想、民族や国境の壁を越え、神様を中心とした家庭を築くために神様を中心とした結婚式を執り行うものです。

平和世界の実現は、社会の礎である家庭の平和から始まります。「理想家庭による平和理想世界の実現」というテーマで開かれる国際合同祝福結婚式は、社会の世俗化と個人主義化によって喪失した家庭と結婚の聖なる価値と倫理を正しく立て、人種と民族と国境を越えて世界人類を真の愛と真の家庭によって一つにしようとするものです。

1960年に第1回の合同祝福結婚式が行われて以来、開催のたびごとに世界各地で多くの祝福家庭が誕生しています。最近では、キリスト教牧師をはじめとする他宗教の指導者も多く参加しており、また、新しく神様の祝福を受けて家庭生活を再出発しようという既婚家庭の祝福式や、すでに伴侶と死に別れた方に向けた独身祝福式が各地で行われています。

祝福結婚の目的

祝福結婚は、主に次のような三つの目的のために執り行われます。

①愛の完成のため
一つ目は、結婚を通して家庭を築き、愛を完成するためです。
つまり、人の愛の完成にとって、結婚は必要不可欠なものなのです。
祝福結婚は、次なる愛の完成に向かって夫婦二人で新しい人生を出発するための、神聖な儀式として執り行われます。

②神様を中心とした家庭を築くため
二つ目は、神様を中心とした永遠の家庭を築くためです。
結婚は本来、神様を中心として成すべきものだと家庭連合では考えます。
祝福結婚は、神様を中心として男女が永遠の愛を誓い合うことで、神様を中心とした永遠なる理想家庭を築くために行われます。

③世界平和、人類一家族世界の実現のため
三つ目は、世界平和と人類一家族世界を実現するためです。
神様の目には、皮膚の色の違い、国境などは存在しません。国、民族、人種の違いを超えて世界平和を実現する最も効果的かつ実質的な方法が、国際結婚なのです。

祝福結婚には、民族、人種、さらには宗教の壁を超えて、全世界から人々が参加しています。さまざまな背景を持った人たちが、祝福結婚を通して神様を中心として一つに結ばれ、愛し合い、認め合い、ために生き合うことによって、人種、文化、国境、宗教の壁を撤廃し、世界平和と人類一家族世界を実現しようとしているのです。

結婚と家庭に戻る