幸せな結婚のために

For a happy marriage

相手のためにする結婚

結婚を考えるときに、「自分が幸せになりたい」という思いを持つのが普通かもしれません。

世界平和統一家庭連合の結婚観では、結婚は「相手にためにする」ものだと考えてます。
ここでは、そのような家庭連合の結婚観について説明します。

結婚にかけられた神様の願い

聖書には、神様は「人がひとりでいるのは良くない」と言われ、相対となる女性を創られたと記されています。つまり、神様は「人が一人で生きること」を願われず、人に「誰かのために生きること」「誰かを愛して生きること」を願われたのです。それが、結婚にかけられた神様の願いでした。

家庭連合では、「神様は“愛したい衝動”のゆえに人を創造された。そうして、ご自身が人を創造され、愛する喜びに生きようとされたように、人にもまた、男女が互いのために生き合い、“愛し合う喜びに生きる”ことを願われた」と考えます。

結婚が永遠性と不変性をもつために

結婚する際に、自分が何を得られるか、どんなメリットがあるかばかり考えていると、相手が経済力を失ったり、美貌を失ったり、病気になったりしたときに、相手への思いがさめてしまうかもしれません。

お互いが「相手に何をしてあげられるか」、「相手をどれだけ幸せにできるか」を考えて結婚すれば、その2人は永遠に変わらない愛で理想的な家庭を築くことができるでしょう。

家庭連合の祝福結婚は、まさにこのような結婚観にもとづいて行われるものなのです。

結婚と家庭に戻る