コラム

colum

心に届く言葉

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

「子供は親の言ったとおりに育つのではなく、親が行なったとおりに育つ」。

親が子供に言い聞かせる場合、親の言っていることとやっていることが一致していれば、子供は自然と聞くようになるものです。しかし、親が実体を伴わない言葉をいくら繰り返しても、子供は一向に聞くようにはなりません。

「やってみて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば人は動かじ」。山本五十六の言葉にもあるとおり、人の心に届く言葉には「言行一致」の態度が何よりも重要なのです。

笑顔が喜びを運んでくる

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

人間関係のトラブルは、イライラ、カリカリする「怒り」が根底にあります。その心の中にある「イライラ虫」を退治する方法が「笑い」であり、「笑顔」なのです。私たちは笑顔をつくっていると、自然に楽しい気分や嬉しい感情がわいてくるものです。

コミュニケーションに大切な声のエネルギーとバランス

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

声に対する好感度は何によって決定されるのでしょうか? これは二つの要素があります。一つは「声のエネルギー」、もう一つは「声のバランス」です。声が大きいというのは一つのエネルギーです。しかし、声を大きく自信をもって話しても、押しつけがましかったり、悪意に満ちていたりすると、嫌悪感を抱くものです。これは「声のバランス」が悪いために生じることです。

相手の心に届くメッセージ

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

人は誰もが自分の存在や行動が他人にどのように影響を与えているか気になっています。本心では他人が喜んでくれること、感謝してくれることを望んでいます。だからこそ、Iメッセージを通して、それが確認できたときは自分の存在価値を再認識することができ、非常にうれしく、心に届きやすくなります。相手が誰であっても、心に届く表現をしていければ「信頼関係」は築いていけるのです。

愛の表現をしよう

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

愛情深く育てているつもりでも、「私は親から愛されなかった!」と感じている子供が少なくないようです。親子間の愛情伝達においてこのような違いが生まれるのは、親の愛が子供にきちんと届いていないことが原因なのです。

肯定的な言葉が人生をつくる

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

言葉が人生に与える影響については良く知られるところです。言葉が変われば「意識」が変わり、意識が変われば「心」を変わり、心が変われば「人生」が変わって行きます。言葉の使い方を工夫することで、なりたい自分、理想の人生が近づいて来るのかも知れません。

「伝わる」コミュニケーション

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

言いたいことが「伝わる」ために重要なのは、「伝えたいポイントを明確にすること」です。話に時間をかければ、相手に多く伝わるものでもありません。皆さんは、いろいろと話し過ぎて何がポイントなのか分からなくなったり、心に残らない話をしてはいないでしょうか?

5感を使ったコミュニケーション表現

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

私たちの言いたいことが伝わる背景には、様々なことが影響してしていると考えられます。話す場所、身振りや手振り、さらには言葉の意味やタイミングなど。より分かりやすく、より印象的に伝わる工夫をすることで、円滑なコミュニケーションが成立するようになるのです。

男と女の「違い」を「同じ」にしようとすると葛藤が生まれる

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

男女の違いについては、多くの書籍が出ていたり、テレビや雑誌で特集が組まれるほど関心が高く、そして、理解しがたいものです。要するに男女は根本的に違うのです。

自分の短所、本当は長所?

幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座
阿部美樹

「あなたの長所は何でしょうか?」という質問に対して、皆さんはすぐに答えられるでしょうか。案外、言葉が浮かんでこないものです。反対に、「短所は何ですか?」と尋ねられると、次々出てくる場合があります。自分を高めるために自分の足らないところを意識しているから、とも言えます。しかし、自分の長所に目を向けて、その部分を伸ばしていくことが重要です。