ダーリンはアフリカ人

Kefa Karimi Wambugu・武井 Karimi しげみ(写真中央が筆者)

 

 私は1985年に統一教会に入教し、92年に「マッチング」(結婚相手が選ばれること)を受けました。私の希望のお相手は、“主の国、韓国の方”でした。

 

 マッチングが始まり、お世話になった巡回師のお姉さんから電話で「韓国人には候補者がいないようで、アボジ(文先生)が、アフリカの兄弟はどうかと聞かれているけど、武井さん、どうする?」と尋ねられました。この時、躊躇なく「お願いします!」と答えました。 

 

 アボジからのマッチングを私自身が受け入れられるようにお祈りしながら、同年7月14日、主体者(夫)となる方の写真を受け取りました。この時、本当にドキドキしました。

 

 主体者はケニアの方で、身長が182cmもありました。8月の「祝福式」(国際合同結婚式)には、ケニアからはるばる韓国へ来てくれ、初対面となりました。

 

 実を言うと、写真での主体者は、怖そうな人というのが私の印象でしたが、実際は、写真からは想像できないくらい素敵な笑顔の方でした。私は英語が全く出来ないので、持参した辞書と、身振り手振りで必死だったことを覚えています。

 

 祝福式の後は、日本にも寄ってもらい、私の父に会ってもらいました。教会には反対していた父でしたが、主体者に対して「非常に良い青年だ」とコメントしてくれました(二人は言葉も通じなかったのですが)。

 

 この後、家庭を出発するまでの期間は4年。96年、主体者の誕生日の月にようやくケニアに出発することが出来ました。主体者は“堪忍袋の緒が切れる寸前だった”そうです。本当に良く待ってくれたと思います。

 

 ケニアでの生活は、右も左も分からない中、神様と主体者だけが頼りで、片言の英語でとにかく話をしました。

 

 現在は4人の子女にも恵まれ、神様と真の父母様(文鮮明師ご夫妻)が喜んでくださる家庭となれるよう、ケニアで奮闘中です。

 

文亨進世界会長ご夫妻と家族揃って

 

 

武井さんのケニアでの奮闘生活を綴ったブログはこちら。Miyopuのブログ

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合(旧:統一教会) 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 祝福家庭のための侍義生活ハンドブック 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト