「天一国経典 天聖経・平和経日本語版出版記念会」を開催

2013年8月26日

 天暦7月18日(陽暦8月24日)、韓国・清平の天正宮博物館において、「天一国経典 天聖経・平和経日本語版出版記念会」が、約2100名の日本の教会員らが参加する中で行われました。

 

 

 「天一国経典」とは、文鮮明師ご夫妻の指導によって新たに編纂された天一国経典『天聖経』と『平和経』、および『真の父母経』の3冊からなる経典です。そのうち、天一国経典『天聖経』は、2000年以降の文師のメッセージを追加して整理しています。『平和経』は、文師の公開講演文のうち、重要な178篇を選定したものです。現在、編集作業が行われている『真の父母経』は、文師ご夫妻の生涯路程や先輩家庭の証などがまとめられる予定です。 

 

 天一国経典『天聖経』と『平和経』の韓国語版は、すでに今年6月10日、「協会創立60回及び天聖経・平和経出版記念式」において韓鶴子総裁に奉呈されましたが、日本においては日本語版・天一国経典『天聖経』『平和経』の翻訳・編纂作業が進められてきました。

 

 司会の宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長の開会宣言で始まった出版記念会は、韓総裁によるケーキカットに続き、日本語版出版委員会の椎名建太事務局長と末永喜久子委員より韓総裁に花束の贈呈が行われました。 

 

 

 梁昌植・世界平和統一家庭連合韓国総会長の代表報告祈祷の後、桜井節子委員がこのたび完成した天一国経典『天聖経』『平和経』の内容の一部を訓読しました。 

 

 

 次に、天一国経典の紹介映像「人類の教材教本」が上映され、天一国経典編纂の意義と、10か月にわたる韓国、日本での編纂の様子などが紹介されました。

 

 発刊の辞では、日本語版翻訳出版委員会の委員長を務めた徳野英治・日本統一教会会長が登壇。「今後、この天一国経典の訓読・実践を通して氏族的メシヤ活動の責任を果たし、日本のすべての祝福家庭が真の父母様(文師ご夫妻)の心情と愛と完全に一体となり、死生決断・全力投球・実践躬行の姿勢で、天一国のペンテコステを成し遂げて参ります!」と決意表明しました。

 

 韓国語版天一国経典出版委員会の金榮輝委員長は祝辞で、「『天一国経典』は真の父母様を信じて従い、その似姿になろうとする全人類のための経典であり、天一国を完成していく上での永遠の道標になります」と語り、その重要性を強調しました。

 

 祝歌の時間では、今回の日本語版出版記念会のために作曲された祝歌「アリアリラン~アメイジング」が赤司雅子さんによって披露されました。

 

 続いて、小山田秀生共同委員長が、韓総裁に特製の箱に収められた『天一国経典 日本語版』を奉呈。また、『天一国経典 英語版』がキム・ギフン米国総会長、マイケル・バルコム米国会長より奉呈されました。

 

 韓鶴子総裁はメッセージの中で、「この『天一国経典』のみ言は、我々の根本であり、我々の人体構造で見た時の背骨に当たります。背骨がおかしくなれば、すべての臓器がおかしくなり、病気になるのです」と、その重要性を強調。また、「この『天一国経典』のみ言が全ての祝福家庭とその後孫の中に息づき、新しい環境を創造していかなくてはなりません」と祝福家庭の責任の重要性を語りました。

  

 さらに、「神様の祖国創建のため、皆さんも手伝ってくれますね」と日本の教会員を鼓舞し、「祖国賛歌」と「オンマヤヌナヤ」の2曲を参加者全員と共に歌いました。

 

 最後に韓総裁は、「私と真の家庭と皆さんが、この瞬間一つになりました! 真の父母様の願いである天一国を完成、創建して参りましょう!」と高らかに宣言しました。 

 会場が歓声に包まれる中、李基萬副委員長の万歳三唱によって出版記念会は閉会となりました。

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト