ファミリースナップ

Family Snap

5人姉妹、長女と次女の想い

笹野家庭 後編

笹野家の最終回。今回は娘さんたちのお話です。
笹野家は、妻方の母(祖母)・ご夫妻・娘5人の8人家族。妻方の家業を継いで、家族三世代でくらしています。

✻親と距離を置くことで学ぶことができた内容

 

編:お嬢さんたちもいらっしゃるのでお話を聞きましょう。まずは長女(大学4年)の方。

長:私は、小中高と教会は嫌いではなかったけれど、好きでもないという感じでした。部活が忙しく教会にはきちんと通っていませんでしたし、その負債感はありました。

中高生部に高校から入るのは難しかったので、青年部という区切りの時に教会の青年寮に入りました。寮に入り、親と距離を置いたのがよかったと思います。
反抗期のせいか、一緒に生活していると親への反発心が湧いてしまいますが、それが無い中で様々な経験を積むことができました。教義の内容や歴史を学ぶにも親元を離れて学習できたのは自分にとってよかったと思います。

今日の話を聞くと、私たちが小さい時は親も教育の仕方がわからなかったのだなあと思います。ともすれば、2世として生まれた私たちは生まれながらに教義が分かっていると思われがち。しかし、教えられていないことは分かりません。それを当然のように話されて、「え、あなた達どうしてそんなことが分からないの?」と言われることがありました。

青年になって体系的に教義を聞いて、ダメなことがなぜダメなのかを理解することができました。小さい頃はダメなものはダメ! 的に教えられてきましたが、それはそれで守られた環境だったのかなと、今は思っています。

✻なんのために生きるかを考えられた寮生活

編:寮での集団生活は大変ではありませんでしたか?

長:姉妹ばかりの家でしたから、最初は同じ建物に異性がいるという環境に馴染めませんでした。入寮して2年ほど経って、男女共有スペースにいても緊張せずに素が出せるようになりました。
自分においてはそれが訓練された内容ということになりますか。笑

勉強と寮生活は、当初両立できていませんでした。

朝が早かったりして、授業中に居眠りしてました。4年の今、何とか単位は取り終わっていますが、もう少し勉強したかったという思いがあり、この8月から交換留学をする予定です。

しかし、この寮生活3年間がなければ、自分の将来や何のために生きるのかも考えられていなかったと思うので、とても有意義な3年でした。

編:今の専攻を選んだ理由と、将来の夢を教えてください。

長:今の学部を決めたのは自分の意思ではないんです。国際関係の仕事をしたくて、神戸大学の国際学部を狙っていたのですがそこは難しくて、親に相談すると、「まだやりたいことが見えないなら法律を勉強できるところが良い。法律はどんな時にも必要になるからやっておいて損は無い」という親のアドバイスがあって、法学が学べる学部に決めたのです。
学部選びに自分の強い意思がなかったので、勉強にやる気がでなかったのかも知れません。それもあって、もっと勉強したくて大学の交換留学に参加することにしました。でも、今の学部にいたので交換留学にも参加できると思っていますし、富山でのホーム生活はとても意味深かったと思っています。

✻同年代に衝撃を受けた修練会

 

編:お年頃の娘さんがいらっしゃるので、祝福についてもお話を聞かせてください。では、次女(高3)の方。祝福はどんな風に考えていますか?

次:祝福準備修練会に参加したんです。いずれ行かなければならないのだからと、姉と一緒に参加しました。

参加者でディスカッションした時に、祝福に関する明確なビジョンを持っている同じ年の女の子がいて衝撃を受けました。自分にはまだ早いと思っていましたが、しっかりと準備を進めている人がたくさんいて、とても刺激になり、少し焦りも感じました。
祝福に関する自分のビジョンを描いてみたら、20代後半に家庭を出発しようと考えて逆算していくと、今はのんびりして居られない時だと分かりました。
祝福準備修練会はとても良い経験になりました。

 

編:では長女の方にも聞いてみましょう。祝福についてはどう考えていますか?
長:いま、祝福に向けて動いています。準備修練会に妹と参加して、自分はマッチングサイトにも情報を上げました。
これからは親とよく話し合うことが重要だと思います。笹野の苗字を継ぐか継がないかとか、どこに住むのかとか。両親と自分の思いを率直に話し合って共有することが重要だと思っています。
家庭での夜の祈祷会では今、文先生の自叙伝を読んでいるのですが、今後はファミリーマッチング・ハンドブックを読んで祝福についてどう思うかをディスカッションしたりしてみたいです。これは、今、初めて言いました!

どんな家庭を築きたいと思っているかを明確にしていかなければいけないと思っているし、それを親と共有していきたい。8月にタイに留学するので、それまでにしっかり親と話しておきたいです。

長女なので両親の近くに居られるように日本に住むのが良いと思っています。相手は日本の方でなくても大丈夫です。

Family Snap

ファミリー文化で地域の絆づくり

赤羽家庭教会

ファミリー文化で地域の絆づくり

赤羽家庭教会

神様からのメッセージを聞いた祝福式の日

Kさん家庭 後編

神様からのメッセージを聞いた祝福式の日

Kさん家庭 前編

5人姉妹、長女と次女の想い

笹野家庭 後編

海外宣教師夫婦の子育て日記

笹野家庭 中編

娘たちに受け継がれる、父母の海外宣教 ‟魂”

笹野家庭 前編

母の気持ちがわかると、妻と良い交流ができるようになった

板垣家庭 後編

3世代家庭は堅牢な幸福の砦だった

板垣家庭 前編

相手を幸せにする為の人生を生きる 後編

奥田家庭

相手を幸せにする為の人生を生きる 前編

奥田家庭

出産の苦労を乗り越えて、夫婦が一つになれました

鈴木家庭

乗り越え方は両親から学びました

影山家庭

世界が舞台になって欲しいよね!

山中家庭

「いい人をお父さんとお母さんが見つけてくるからね」

高橋家庭

2世代にわたる国際結婚のロマン

秋山家庭

「3世代で料理人もいいですよね」

丸山家庭

まず、夫婦が向き合って

山田家庭(後編)

明るい軽さに救われました!

山田家庭(前編)

二人は子供を通して距離を縮めてゆく

山城家庭

両親を見ていて、すごく仲が良かったんです

横山家庭