周藤董代夫人の聖和式を挙行

2017年7月4日

7月4日、43双祝福家庭で「ポルトガル国家メシヤ」の周藤董代(まさよ)夫人の聖和式が、徳野英治会長を主礼として、東京・高田馬場の新宿家庭教会礼拝堂で執り行われ、43家庭、777家庭、1800家庭などの先輩家庭をはじめ、多くの教会員が参列しました。周藤夫人の聖和を受け、韓鶴子総裁は「祝 天城入國忠誠子」の揮毫を下さいました。

 

     

 

周藤夫人は1935年9月、北海道で誕生。61年9月、大阪で入教した後、名古屋、広島、京都などで開拓伝道を行いました。69年5月、周藤健先生と43双祝福に参加。75年からは夫に伴なって渡米し、ニューヨークを拠点に歩みながら、文鮮明・韓鶴子総裁ご夫妻のご家庭に侍りました。92年に帰国した後、96年にポルトガル国家メシヤを拝命。その後も巡回師などを務めて国内外でみ旨に邁進し、2016年9月からは本部特別認定家庭教会として、夫婦で神氏族メシヤ活動を積極的に推進してきました。7月1日午前8時7分、病気のため聖和、享年81でした。

 

午前10時、聖和式は近藤徳茂総務局長の司会で開会。周藤夫人の生涯を振り返る映像上映、聖歌讃美の後、堀信義先生(43家庭)が代表報告祈祷を行いました。

 

主礼の徳野英治会長は聖和の辞で、韓鶴子総裁がいつも先輩家庭に語られるみ言を紹介しながら、「人生の最期をいかに美しく終えるか。それができなれば真の父母様(文鮮明・韓鶴子総裁ご夫妻)に忠誠を尽くしたことになりません」と強調。その上で「内外において真の父母様への“一片丹心”の信仰を貫いてきた周藤夫人の家庭は、名門家庭にふさわしい」と述べ、周藤夫人のこれまでの内外の功績に感謝と称賛の言葉を贈りました。

 

続いて、宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長からの特別メッセージを田中富広副会長が代読。全世界の教会員の教育のため尽力してきた周藤先生の妻としての内助の功を称えました。

 

長女の周藤一子さん、43家庭の横井捷子夫人の「送辞」に続き、国内外から届けられたメッセージが紹介。全体で聖歌70番「善き闘いを成し終えて」を讃美し、主礼や家族、参列者が献花をした後、徳野会長が祝祷を行いました。

 

最後に、施主の周藤先生が挨拶。夫人の闘病生活の最後の期間、海外から家族が駆け付け、夫婦・親子の心情の絆を深める貴重な時間となったことを感動的に語り、聖和式は幕を閉じました。

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト