第2回鮮鶴平和賞、イタリア人医師とアフガン女性教育家の受賞が発表

2016年11月30日

米国ワシントンDC内のホテルで11月29日(現地時間)、「第2回鮮鶴平和賞」受賞者の発表式が行われ、イタリアの医師であるジーノ・ストラーダ博士(Dr. Gino Strada、68歳)とアフガニスタンの女性教育家であるサケナ・ヤクービ博士(Dr. Sakena Yacoobi、66歳)の二人の受賞が発表されました。

 

gino-strada-1

今回の授賞に際し、洪一植・鮮鶴平和賞委員会委員長は「アジェンダとして『難民危機』を提示する」と表明、「第二次世界大戦以降、最も多い難民の数に直面している今日、難民危機は、この時代におけるとても重要な平和問題として扱われなければならず、世界市民は、人類を一つに結んでくれる人間本来の価値を想起し、感動的な国際的連帯と協力でこの問題を解決しなければならない」と呼び掛けました。

 

ジーノ・ストラーダ博士は、「医療を受ける権利」は基本的、かつ譲ることのできない人類普遍の人権であるという信念のもと、25年にわたり深刻な紛争に見舞われている中東及びアフリカ地域において緊急医療救護活動を展開、700万人を超える人々の命を救ってきました。

 

sakena-yacoobi-1-2

サケナ・ヤクービ博士は、「少女たちを教育することは、未来世代を教育すること」であるという考えを持ち、女性教育が制限されていたアフガニスタンのタリバン政権下で、命を懸けて80余りの学校を運営。3000人の少女たちを教育するなど、女性たちの人権と、社会的地位を大きく向上させてきました。また、戦争で廃墟となった難民キャンプで教育による難民再定着の解決策などを提示しています。

 

鮮鶴平和賞は、家庭連合の創始者、故文鮮明師の平和思想と遺志を奨励し、普及することを目指し、文師夫人の韓鶴子総裁の提唱で創設されました。同授賞式は2017年2月3日にソウルで開催されることになっています。

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト