「被害弁連」弁護士が統一教会信者への拉致監禁問題を厳しく批判

2012年8月1日

 現在、「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」の後藤徹代表が、自身に対する拉致監禁・棄教強要に関与した親族や新津福音キリスト教会の松永堡智(やすとも)牧師、職業的改宗活動家の宮村峻(たかし)氏などを相手取って起こした民事裁判が継続中ですが、このたび原告側から、宮村氏らの実態を暴く陳述書が提出されました。

 

 それは、弁護士の伊藤芳朗氏にインタビューを行なったルポライターの米本和広氏の陳述書です。伊藤氏は、1991~93年に統一教会元信者が統一教会を被告として提起した東京の「青春を返せ裁判」の原告代理人を務めました。

 

 この陳述書は、宮村氏をはじめ、後藤氏の裁判で被告側代理人を務める山口広弁護士、また紀藤正樹弁護士らの問題点などを厳しく指摘しています。

 

 詳細については、「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」のサイトをご覧下さい。

 

 

【関連記事】

米国務省の「国際宗教の自由報告書」、日本統一教会信者に対する拉致問題を言及

(2012年7月31日)

120日間 監禁されていた統一教会員が自力で脱出(2012年5月12日)

日本の拉致監禁・強制棄教に関する調査レポートの邦訳版公開(2012年2月22日)

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト