120日間 監禁されていた統一教会員が自力で脱出

2012年5月12日

 5月2日(水)に「拉致監禁」の被害が疑われていた教会員の女性(34)が、監禁場所である茨城県水戸市のマンションの一室から自力で脱出を果たしました。

 

 東京に住む女性教会員は、今年1月3日に突然失踪し、知人・友人との連絡も一切途絶えていました。

 

 脱出を果たした教会員の話からは、120日間に及ぶ監禁下での「家族の話し合い」に、統一教会に反対するキリスト教の牧師が関与していたことも明らかとなりました。

 

 下の2枚の写真は、今回の監禁に実際に使用され、教会員が脱出時に持ち帰ったダイヤルロック式の鍵(実物)です。

 

 

 事件の詳細などについては、「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」のホームページをご覧下さい。

  

関連記事

「週刊文春」(5月3日・10日号)における有田芳生氏の言及について(4月26日)

日本の拉致監禁・強制棄教に関する調査レポートの邦訳版公開(2月22日)

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト