世界平和統一家庭連合 旧:世界基督教統一神霊協会

[家庭紹介1] 羽鳥家庭

「次はどんな子?
増えるたびに深まる家族の絆」

4男4女、8人の子宝に恵まれた羽鳥さんご夫婦。子供を持つことの幸せや子宝の秘訣についてお伺いしました。

秀樹さん はじめは3人の子供を授かりたいと願っていました。3人の子宝に恵まれると、次は4人、5人… と。夫婦の絆が深まりながら、8人の子宝に恵まれるようになりました。
 子宝の秘訣は、夫婦の信頼と協力関係にあると思います。私たちは、お互いに浮気は絶対にしないと固く誓い合い、支え合っていますので、夫婦がお互いをより深く信頼し合い、愛し合えるのだと思います。だから、私たち夫婦はマンネリ化するどころか、子供が増えるたびに、ますます愛情が深まっていきました。

美和さん 夫を信頼していたからこそ、将来に対する不安を超えて、奇跡的にも8人の子供を授かることができたんだと思います。また、生まれてきた子供たちの顔を見ていると、どの子も可愛らしくて、さらにもう一人産みたくなります。お産の喜びも回を重ねるごとに深まっていき、その時の苦痛はすぐに忘れてしまいました。
 次はどんな子に出会えるだろうか、どんな喜びが待っているのだろうかという期待感で、無我夢中で出産と育児を繰り返しているうちに、気が付いたら8人まで増えていたという感じです。

秀樹さん 子供が大勢いる喜びは、足し算ではなく掛け算です。子供たち全員が集まると喜びもひとしおです。子供たちを通じて人間関係の輪も広がりました。また、出産と育児を通して、自分の親の苦労や、どれほど愛情を注いで自分を育ててくれたのかを実感し、親への感謝の思いが深まります。
 親との絆、家族の絆、そして地域との絆が一段と深まるのです。これからも「子だくさんハッピー大家族」として、婚活中の方々や、子供を授かりたいご夫婦へ、アドバイスをしていけたらと思っています。

※ 撮影時、長男長女は留学やバイトのため不在