死について(聖和)

 「」とは何なのでしょうか?

 

 家庭連合では、「」とは霊界での人生の始まりだと考えています。

 

 人は母の胎中で約10ヶ月間生活した後、地上に誕生して地上での人生が始まります。

 それと同じように、人は80年余りの生涯を地上で送った後に霊界で永遠の人生をスタートさせるのです。

 このように統一教会では、人の生涯には胎中生活、地上生活、霊界生活という三段階の人生があると考えています。

 

死について

 

 母の胎中にいる子どもは、その間に胎中での生活には必要のない呼吸器官や循環器官などの肉体的成長をしていきます。そして、地上に誕生すると同時に胎中生活における生命線であるへその緒は必要なくなるのです。それはまさに胎中での生活が地上に誕生する時のための準備期間であることを表しています。

 

 同じように、地上での生活は永遠の世界である霊界へ行くための準備期間であるのです。統一原理では人生の目的を“三大祝福を通じた愛の完成”と教えていますが、これは地上で長生きをするために必要なことではなく、死後、霊界に行った後に神様の愛を空気のように呼吸して、永遠なる愛の関係を結ぶために必要になるのです。

 

 このように「死」はすべてが無に帰る終わりの時ではなく、肉身を脱ぎ捨て、新しい世界へと出発する旅立ちの時なのです。そのような意味から、家庭連合では「」を「聖和(ソンファ)」と表現し、尊重視しているのです。

 

聖和

 

 

聖和式

家庭連合における「聖和式」について

 

 

【関連ページ】

人生の目的

信仰生活

死後の世界(霊界)とは

先祖解怨

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合(旧:統一教会) 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 回顧録「愛あればこそ」 祝福家庭のための侍義生活ハンドブック 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト