第35回「全日本聖和祝祭」を開催

2017年5月22日

天暦4月26日(陽暦5月21日)、快晴に恵まれた、

尾瀬霊園(群馬県片品村)において、

第35回「全日本聖和祝祭」が挙行され、

日本全国より約2000人が参加しました。

 

今回の式典は、高知霊園、九州霊園(福岡県)などの

全国の霊園と連結して行われ、ドローンを使った空撮など映像配信にも工夫を凝らし、全国の教会ではインターネット中継を通じて、多くの教会員が参加しました。

 

午前10時30分から行われた第1部のエンターテインメントでは、第3地区所属の小熊ファミリーアンサンブルによる家族演奏と、第5地区南東京教区渋谷家庭教会所属の聖歌隊「渋谷グリーンハーモニー」と同教会成和子女部「天花合唱団」が合同で三世代合唱を披露、3曲の演目を勇壮に歌い上げました。

 

近藤 徳茂 総務局長の司会により始まった第2部の聖和祝祭では、全体で黙祷を捧げた後、野村晏子さん(43双)の代表報告祈祷、主礼の徳野英治会長夫妻による中央祭壇への献花がありました。

尾瀬霊園の戸丸廣安園長が2016年度の年次報告と年間入園者数などを報告したのち、徳野会長が尾瀬霊園発展のために貢献された方々に功労者感謝状を贈りました。

 

徳野会長は記念説教の中で、2057人の聖和者への慰労と感謝の意を述べた後、宋龍天全国祝福家庭総連合会総会長からのメッセージを代読、「家庭を完成させ、個人と家庭が天国に入らなければなりません。そのために真の愛を実践し、120日路程に精誠を込めて下さい」と伝えました。

その上で、真のお母様のみ言を紹介しながら、「私たち祝福家庭が、霊界の聖和者と共に、強く伝道の勝利を決意し、神様と真の父母様の夢である『天一国』創建に向かって、霊肉合同作戦で邁進しましょう」と力強く訴えました。

続いて、昨年聖和した聖和者家族代表による献花、全体祈祷の後、尾瀬聖和家庭会の阿部知行理事長が、「日本は母の国、真のお母様の代身の立場です。聖和者がともに働くことを信じて、み旨に前進し、真の祖国を創り上げましょう」と語りました。

最後に徳野会長が祝祷を行い、鄭日權・第3地区長の億万歳四唱で式典の幕が下ろされました。

 

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト