米連邦議会で宗教迫害に対するシンポジウム開催

2012年8月3日

 米国・ワシントンの連邦議会で8月1日(水)、米国の同盟国などで起きている宗教迫害の実態を報告するシンポジウム『America’s Response to Religious Persecution in Allied Nations(同盟国における宗教迫害に対するアメリカの対応)』(主催:天宙平和連合)が開催されました。

 

 シンポジウムでは、民主主義国であることなどを理由に国際社会から見過ごされがちな宗教迫害に焦点を当て、日本の統一教会信者に対する拉致監禁・強制改宗の問題に対し、有識者らが意見を述べました。

 

 国際ヘルシンキ人権連合元事務総長のアーロン・ローズ氏は、「私は過去20年間、あらゆる人権問題を見てきたが、これは極めて悲劇的な状況だ」と指摘。

 

 文仁進・統一教会米国総会長は、「日本政府は拉致監禁問題を単なる家族の問題と言うが、レイプや虐待は家族の問題ではない。人権侵害だ」と訴えました。

 

 ローズ氏や文仁進総会長をはじめ、訪米中の拉致監禁被害者らは、問題解決に向けた米国の積極的な関与や国際社会の支援を求めました。

 

 

関連記事

「被害弁連」弁護士が統一教会信者への拉致監禁問題を厳しく批判(2012年8月1日)

米国務省の「国際宗教の自由報告書」、日本統一教会信者に対する拉致問題を言及

(2012年7月31日)

120日間 監禁されていた統一教会員が自力で脱出(2012年5月12日)

日本の拉致監禁・強制棄教に関する調査レポートの邦訳版公開(2012年2月22日)

 

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト