韓国で「国際合同祝福結婚式」開催、5200組が参加

2012年3月30日

 天暦3月3日(陽暦3月24日)午前11時から、韓国・京畿道加平郡の「清心平和ワールドセンター」で「天地人真の父母勝利解放完成開門時代祝福式」(主催・統一教)が行われ、世界54カ国から約5200組が参加しました。

 

 日本からも未婚の男女が約1000名、既婚カップルが約1000名のおよそ2000名が参加。

 

 式典の模様は、世界186カ国以上でインターネット中継され、各国の会場でも中継を通じて祝福式に参加し、全世界で「祝福家庭」が誕生しました。

 

 祝賀客ら2万人以上が見守る中、午前11時から始まった式典では、まず宋榮ソプ・全国祝福家庭総連合会総会長の代表報告祈祷の後、文亨進世界会長が「礼式の辞」を述べ、続いて、キリスト教、仏教、イスラム教、儒教の四大宗教の代表者が祈祷を捧げました。

 

 主礼の文鮮明・韓鶴子総裁ご夫妻がステージに立たれた後、「聖水儀式」、「聖婚問答」が行われました。

 

 文総裁が、①成熟した善男善女として、永遠なる夫婦の因縁を定める ②子女たちを神様の前に必要とされる指導者として養育する ③統一家の伝統を受け継ぎ、人類の前に誇らしい伝統を伝授する ④地上天国建設と天上天国建設の基本となる、理想的家庭を形成する――ことへの決意があるかを問いかけると、参加カップルは韓国語で「イェー」(はい)と大きな声で答えました。

 

 カップルが指輪を交換した後、文総裁ご夫妻が「世界と天宙の前に聖婚が成立した」と宣布されました。

 

 

 今回の会場となった「清心平和ワールドセンター」は、約2万5000人を収容する韓国最大規模の複合文化センターで、今回の祝福式でグランドオープンとなりました。

 

 また、この式典には、韓国、日本のメディアをはじめイギリスの「チャンネル4」や「ロイター」、シンガポールのテレビ局なども取材を行いました。 

 

「国際合同祝福結婚式」のダイジェスト映像(3分)

 

 

 

 

 

 

◆    ◆   ◆

 

 「理想家庭を通じた世界平和の実現」を掲げて行われてきた国際合同祝福結婚式は、1960年に韓国で3カップルが誕生して以降、現在まで全世界で開催されてきました。最近では、キリスト教牧師をはじめ他宗教の聖職者も多数参加し、宗教・宗派を超えて拡大しています。

 また今回の祝福式と同様に、既婚カップルが新たに神様の祝福を受け、理想の家庭を目指して再出発することを決意する「既成祝福」も行われています

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
世界平和統一家庭連合地方教会ポータルサイト 家庭連合Web説教 家庭連合NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界平和統一家庭連合 公式説教ブログ 世界平和統一家庭連合平和ボランティア隊(UPeace) 家庭連合公式ツイッター 真の父母様宣布文サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
天一国定着に向けた祝福家庭の姿勢 永遠に唯一なる真の父母 こころの四季 喜びと幸せの生活伝道 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト